脱毛で皮膚がんになる?│毛周期伯爵

皮膚ガンの主な原因と言われているのは、過剰な紫外線や化学物質などによって皮膚に刺激が与えられることで、皮膚組織がガン化して発生すると言われています。脱毛のために皮膚に強いレーザー光を当てたら、やはり刺激となって皮膚ガンにつながるのではないかという不安はありますよね。

しかし、脱毛に使われるレーザー光は赤外線になります。皮膚ガンの原因と言われている光の波長は紫外線ですので、全く異なる性質を持った光になりますので、レーザー脱毛によって皮膚ガンになるという心配をする必要はないと言われています。

紫外線とうのは普段私たちが浴びている日光にも含まれていて、その中でももっとも波長が短い性質の光になります。一方で、日光に含まれている光の中で最も波長が長いと言われているのが赤外線です。紫外線と赤外線はこれほど違いがある光になります。

しかし、レーザー脱毛で使用される赤外線のレーザー光によるアレルギーを発症する場合はあり得ます。このようなことが起こらないように、脱毛を行う前にはしっかりとカウンセリングをするなどして、トラブルにならないようにする必要があります。信頼の置けるクリニックでレーザー脱毛は行うようにしましょう。