脱毛って痛いの?│毛周期伯爵

脱毛って痛いってよく聞きますよね。

それが心配で脱毛に踏み切れない人って多いんですよね。
脱毛が痛いのか、痛くないのかは一般的に以下の要因で決まります。

①何脱毛にするか(レーザー脱毛、針脱毛等)?
②どの部位を脱毛するのか?
③毛が薄いのか?太いのか?
④痛みに強いのか?弱いのか?

①何脱毛にするのか(レーザー脱毛、針脱毛等)?

 何脱毛にするかによって脱毛の痛みは全然変わってきます。
 そのため、どんな脱毛方法にするかは注意が必要です。

 また、レーザー脱毛は部位によって変わりますが痛みはほとんどありませんが、
 出力によって脱毛効果は変わるのでまた毛が生えてくる事があります。

 電気脱毛はかなり痛いのが大きなデメリットですが、
 毛乳頭を焼切るので永久脱毛ができるのが良い点です。

②どの部位を脱毛するのか?

 脱毛する部位によっても痛みは相当変わってきます。
 一般的にヒゲ、ワキの下は痛みが激しい場合が多いです。

 ムダ毛の濃い部分や皮膚の敏感な部分は痛みが強くなる傾向があります。
 そのため、この部位を脱毛する際にはレーザーがなどのあまり痛くない脱毛がおススメです。

③毛が薄いのか?太いのか?

 毛が薄い方の脱毛は皆さんもお分かりだと思いますが、
 短期間でレーザーの出力が弱くても、比較的簡単に全身脱毛ができます。

 一方、脱毛は毛が濃い部分大きな反応を示すので、
 最初の数回は痛みが強い場合もあるかもしれません。

 しかし、脱毛を重ねていくうちに毛というのは薄くなっていくので、
 だんだん痛みは和らいでくるのでそれまでは我慢といったところでしょうか。

④痛みに強いのか?弱いのか?

 痛みにあまり強くない方、お肌が弱い方は弱い出力でしか脱毛できないので、
 脱毛効果が現れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

 一方で、その逆の方は強めの出力で脱毛をすることができるので、
 短期間で余計な出費がかからず脱毛をすることが可能だと思います。

このようにお肌の状態や自分の体を考えて脱毛サロンのスタッフさんと
しっかり相談してあなたにぴったりの脱毛方法を見つけてくださいね!