wakidatumou-dayo----

毛周期には成長期、停滞期もし成長期に脱毛しても皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきてしまいます。逆に停滞期に脱毛した場合は、毛の伸びる速度が遅いので、1度停滞期のときに脱毛すると次に体毛が生えてくるまで時間がかかります。このように毛周期は成長期や停滞期があるので、脱毛するときには毛周期を意識して脱毛するようにしましょう。

体毛の毛周期は部位によっても異なります!

まず脇の下は1日に約0.3ミリ伸びると言われていますが、脇の下の毛を脱毛するとサイクルが遅いので毛が生えてくるまで時間がかかるのが脇の下の特徴です。次に手や脚は成長期の期間が3ヶ月から半年と言われていて、長い期間成長期の状態が続くのが特徴です。

成長期に脱毛してもすぐに新しい毛が生えてきてしまうので、しっかりと毛周期を考慮しながら手や脚の脱毛をするようにしましょう。このように部位によって体毛の毛周期が異なるので、自分が脱毛したい部位の毛周期を熟慮してから脱毛するようにしましょう。

毛周期をうまく利用して脱毛をする方法は比較サイト((銀座カラー効果51g!全身脱毛の期間が一番早く終わるのでおすすめ
)がすごく参考になりました。

脱毛器と脱毛サロンはどっちが良いのか悩むところでもあるでしょう。最近の脱毛器は性能も安全性もレベルが高くなってきているので、評判もなかなか良いです。脱毛器と脱毛サロンはどっちが良いかは個人により考え方も違いますし、メリットデメリットそれぞれにあると思います。

しかし、脱毛器はいくら性能が上がってきたと言っても、扱うのは素人です。そしてさまざまな機種がありますから、取り扱いに注意しないと危険な点もあります。脱毛器で心配なのは、レーザーによるヤケドなどもあります。また誤って目に照射してしまったりすることもないわけではないです。

その点脱毛サロンは、プロのエステティシャンが施術するので安心です。そして何より、肌も美しく整えながら、ムダ毛を処理できるのが良いと思います。脱毛器と脱毛サロンはどっちが良いのかは、難しいですが通うのが面倒であったり、人前で肌を露出するのが抵抗があると思う人は脱毛器が良いかもしれません。

しかし、肌の美しさ、半永久的な脱毛効果、安全性を考えると脱毛サロンが良いと思います。
脱毛器と脱毛サロンを比較して選んでみましょう。

仮に長期間受け続けたとして本当に永久脱毛を達成する事はできるのでしょうか。

これは、実は永久的に脱毛できるわけではないのです!

多くの脱毛サロンではフラッシュ脱毛機や光脱毛機などが使用されていますが、この脱毛機は確かに脱毛効果があるのですが、永久脱毛までをも行える効果は持っていないのです。

そのため、脱毛サロンで長期的に施術を受け続けて、ほとんどムダ毛が目立たなくなったとしてもまたいつか生えてくる日が来る可能性は大いにありうるのです。このように、脱毛サロンの脱毛施術は長期間受け続けないと、全く効果が表れません。

さらに、長期間施術を受け続けて、ムダ毛が目立たなくなる所まで来たとしても永久にムダ毛は生えてい来ないというわけではないので、そこは把握しておきましょう!

ですから、脱毛の施術の後には少し足がぽかぽかする感覚を覚えると思います。しかしお肌を高温で毛穴が開いた状態で放置するのは良くないですから、大抵は施術の後にアイシングを行うと思います。

ちなみに、日焼けしていると脱毛を断られるのは、日焼けにより黒くなる原因であるメラニン色素が多数分泌され、照射するフラッシュが分散し、狙いである毛に対する効果が薄くなってしまうからです。結論として、毛にフラッシュを当てる方式の脱毛では「毛根を破壊」しているわけです。

しかし、一度の照射では破壊しきれず、再生してしまう毛根があるのも事実です。ですから、脱毛は「一回だけ」ではなく、「複数回」施術を受けることを鉄則としてください。

皮膚ガンの主な原因と言われているのは、過剰な紫外線や化学物質などによって皮膚に刺激が与えられることで、皮膚組織がガン化して発生すると言われています。脱毛のために皮膚に強いレーザー光を当てたら、やはり刺激となって皮膚ガンにつながるのではないかという不安はありますよね。

しかし、脱毛に使われるレーザー光は赤外線になります。皮膚ガンの原因と言われている光の波長は紫外線ですので、全く異なる性質を持った光になりますので、レーザー脱毛によって皮膚ガンになるという心配をする必要はないと言われています。

紫外線とうのは普段私たちが浴びている日光にも含まれていて、その中でももっとも波長が短い性質の光になります。一方で、日光に含まれている光の中で最も波長が長いと言われているのが赤外線です。紫外線と赤外線はこれほど違いがある光になります。

しかし、レーザー脱毛で使用される赤外線のレーザー光によるアレルギーを発症する場合はあり得ます。このようなことが起こらないように、脱毛を行う前にはしっかりとカウンセリングをするなどして、トラブルにならないようにする必要があります。信頼の置けるクリニックでレーザー脱毛は行うようにしましょう。

最近では多くの脱毛サロンや脱毛クリニックではレーザー脱毛を取り入れていますが、
そのレーザー脱毛で注意するべきポイントはないのでしょうか?

実はレーザー脱毛をする際には注意してもらいたいポイントがあります!

脱毛期間中は日焼けをしない!

レーザー脱毛は剃った毛の黒い部分に反応しそれを焼くことで脱毛を行っています
日焼けをしてしまうと肌全体を焼くことになり、肌が酷く痛むため施術自体ができません。

そのため、レーザー脱毛する期間中は日焼けに注意してください!
これからレーザー脱毛する方も施術ができないので脱毛前には日焼けはしないでください。

そのため、脱毛する場合には夏場は避けたほうが良いんですね。
脱毛で肌は敏感になるので日焼けによるシミ・くすみの原因になりがちです。

オススメの時期としては秋頃から脱毛のスケジュールを組むのが理想的ですが、
6月辺りから始める方は日焼けに注意してくださいね!

脱毛する2週間前までに毛抜きで毛を抜かない!

先ほども話しましたが、レーザー脱毛は剃った毛の残りの黒い部分に反応して脱毛します。
そのため、毛抜きで抜いてしまうと毛自体がなくなるので脱毛の効果が出ません

また、毛抜きは肌を痛める最大の原因になるので毛抜きはやめた方が良いと思います。
毛を抜いた所から色素沈着が起きて黒ズミの原因にもなるので毛抜きは良いことがありません。

それに毛抜きをしている場合には脱毛効果がほとんどないので
お店側から脱毛を次回に延期になるということもありえるので注意してください。

そのため、脱毛効果を最大に発揮できるように毛抜きをするのはやめましょう!

脱毛って痛いってよく聞きますよね。

それが心配で脱毛に踏み切れない人って多いんですよね。
脱毛が痛いのか、痛くないのかは一般的に以下の要因で決まります。

①何脱毛にするか(レーザー脱毛、針脱毛等)?
②どの部位を脱毛するのか?
③毛が薄いのか?太いのか?
④痛みに強いのか?弱いのか?

①何脱毛にするのか(レーザー脱毛、針脱毛等)?

 何脱毛にするかによって脱毛の痛みは全然変わってきます。
 そのため、どんな脱毛方法にするかは注意が必要です。

 また、レーザー脱毛は部位によって変わりますが痛みはほとんどありませんが、
 出力によって脱毛効果は変わるのでまた毛が生えてくる事があります。

 電気脱毛はかなり痛いのが大きなデメリットですが、
 毛乳頭を焼切るので永久脱毛ができるのが良い点です。

②どの部位を脱毛するのか?

 脱毛する部位によっても痛みは相当変わってきます。
 一般的にヒゲ、ワキの下は痛みが激しい場合が多いです。

 ムダ毛の濃い部分や皮膚の敏感な部分は痛みが強くなる傾向があります。
 そのため、この部位を脱毛する際にはレーザーがなどのあまり痛くない脱毛がおススメです。

③毛が薄いのか?太いのか?

 毛が薄い方の脱毛は皆さんもお分かりだと思いますが、
 短期間でレーザーの出力が弱くても、比較的簡単に全身脱毛ができます。

 一方、脱毛は毛が濃い部分大きな反応を示すので、
 最初の数回は痛みが強い場合もあるかもしれません。

 しかし、脱毛を重ねていくうちに毛というのは薄くなっていくので、
 だんだん痛みは和らいでくるのでそれまでは我慢といったところでしょうか。

④痛みに強いのか?弱いのか?

 痛みにあまり強くない方、お肌が弱い方は弱い出力でしか脱毛できないので、
 脱毛効果が現れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

 一方で、その逆の方は強めの出力で脱毛をすることができるので、
 短期間で余計な出費がかからず脱毛をすることが可能だと思います。

このようにお肌の状態や自分の体を考えて脱毛サロンのスタッフさんと
しっかり相談してあなたにぴったりの脱毛方法を見つけてくださいね!