毛周期は脱毛にはとても大事

毛周期には成長期、停滞期もし成長期に脱毛しても皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきてしまいます。逆に停滞期に脱毛した場合は、毛の伸びる速度が遅いので、1度停滞期のときに脱毛すると次に体毛が生えてくるまで時間がかかります。このように毛周期は成長期や停滞期があるので、脱毛するときには毛周期を意識して脱毛するようにしましょう。

体毛の毛周期は部位によっても異なります!

まず脇の下は1日に約0.3ミリ伸びると言われていますが、脇の下の毛を脱毛するとサイクルが遅いので毛が生えてくるまで時間がかかるのが脇の下の特徴です。次に手や脚は成長期の期間が3ヶ月から半年と言われていて、長い期間成長期の状態が続くのが特徴です。

成長期に脱毛してもすぐに新しい毛が生えてきてしまうので、しっかりと毛周期を考慮しながら手や脚の脱毛をするようにしましょう。このように部位によって体毛の毛周期が異なるので、自分が脱毛したい部位の毛周期を熟慮してから脱毛するようにしましょう。

毛周期をうまく利用して脱毛をする方法は以下のサイトがすごく参考になりました。

(参考)http://銀座カラー料金徹底比較.com/
銀座カラーで脱毛をするときの注意点や毛周期をうまく利用して脱毛をする方法など詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。

脱毛サロンで永久脱毛はできる?

仮に長期間受け続けたとして本当に永久脱毛を達成する事はできるのでしょうか。

これは、実は永久的に脱毛できるわけではないのです!

多くの脱毛サロンではフラッシュ脱毛機や光脱毛機などが使用されていますが、この脱毛機は確かに脱毛効果があるのですが、永久脱毛までをも行える効果は持っていないのです。

そのため、脱毛サロンで長期的に施術を受け続けて、ほとんどムダ毛が目立たなくなったとしてもまたいつか生えてくる日が来る可能性は大いにありうるのです。このように、脱毛サロンの脱毛施術は長期間受け続けないと、全く効果が表れません。

さらに、長期間施術を受け続けて、ムダ毛が目立たなくなる所まで来たとしても永久にムダ毛は生えてい来ないというわけではないので、そこは把握しておきましょう!

ですから、脱毛の施術の後には少し足がぽかぽかする感覚を覚えると思います。しかしお肌を高温で毛穴が開いた状態で放置するのは良くないですから、大抵は施術の後にアイシングを行うと思います。

ちなみに、日焼けしていると脱毛を断られるのは、日焼けにより黒くなる原因であるメラニン色素が多数分泌され、照射するフラッシュが分散し、狙いである毛に対する効果が薄くなってしまうからです。結論として、毛にフラッシュを当てる方式の脱毛では「毛根を破壊」しているわけです。

しかし、一度の照射では破壊しきれず、再生してしまう毛根があるのも事実です。ですから、脱毛は「一回だけ」ではなく、「複数回」施術を受けることを鉄則としてください。

コメントを残す